“労働契約法と就業規則変更、改訂の留意点”ページ索引

このページの索引をこちらに設置しました。(このページの記事が多数になってしまったため)

どうぞご利用下さい。

 

 ・労働契約法の施行と考え方について

 ・就業規則変更による労働条件引き下げと不利益変更

 ・不利益変更の合理性の判断基準(判例より)

 ・労働条件の不利益変更の際の従業員への同意の取り方

 ・“評価に基づく降格制度の導入”と不利益変更

 ・成果主義制度導入と不利益変更

 ・定期昇給の廃止と不利益変更

 ・歩合給の導入と不利益変更

 ・定年後再雇用に伴う給与減額措置と不利益変更

 ・皆勤手当、精勤手当の廃止・減額と不利益変更

 ・賞与の減額規定と不利益変更

 ・地域手当、単身赴任手当の減額と不利益変更

 ・退職金と不利益変更

 ・福利厚生と不利益変更

 ・競業避止規定と不利益変更

 

 詳細なご説明は、各項目の記事に譲るとして、労働契約法が施行後は、就業規則の変更、改訂に伴い、従業員の労働条件が低下する可能性があるのであれば、慎重に行う必要が出てきました。経営者の方にしてみれば頭の痛い問題でしょう。

 就業規則の変更、改訂に伴う、問題点のご相談は解決に導く抜群の引き出しの数を持つ当事務所に是非お任せ下さい。

 

 お問い合わせはこちらから

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。