社労士の変更、切り替えをご検討の大阪の企業様

大阪府内、大阪近郊の企業様、経営者の皆様へ

   顧問の社労士の先生は顧問料に見合う、有意義なパフォーマンスを御社に提供されてますか?

 

以下にあげるようなことはございませんか?

 顧問料を支払っているのに、全然訪問してくれない。

 事務員は訪問してくれるが、有資格者の先生が来てくれない。

 ただ、惰性で訪問して来るだけで、何の情報提供も、提案もしてくれない。

 先生がいるのに、労基署から是正勧告を受けてしまった。

 先生がいるのに、ユニオンが乗り込んできた。

 うちの先生は、労基署の監査やユニオンからの団体交渉に逃げ腰で全然介入してくれない。

 産業医さんがいないので、従業員の精神疾患対策はどうしよう…。顧問社労士に相談して何とかなるのか…?

 うちの先生は労務のことだけで、役員会議事録や契約書などの企業法務はからっきしダメだ!!

 先生が高齢で今後のサポートに不安だ!

 

 

 

当事務所では、顧問のお客様に以下のようなメリットをご提供いたします。

事務所代表が自ら、最低でも月1回は巡回訪問いたします

                       (電話、メールのみの例外的な顧問契約は除きます)

月刊事務所通信の発行により、最新の労務情報、助成金情報の提供。

 

外部の産業保健機関等の連携により、産業医さんが不在でもメンタルヘルス対策は万全!!

  (産業医の専任義務のない中小企業さんのメンタルヘルス関連の駆け込み寺として機能します。)

 

行政書士事務所も併設。ご希望の顧問先様には企業法務サポートも用意してます。

   また、弁護士、税理士の先生方とのネットワークも豊富。何かあったときの、まず最初の相談窓口としてご利用頂けます。

 

当事務所独自のノウハウに基づくコンサルティングを提供

    

     当事務所では、日頃の労務管理上のリスク回避策はもちろんのこと、

       社会保険料削減策

     税理士の先生とは、違った切り口の節税対策

   役員さんの在職老齢年金を支給停止解除し、年金獲得できるような役員報酬制度作り等、

     他の社労士事務所ではマネのできないご提案を差し上げます。

     特に3番目に記載した提案は、年金をもらえる年齢に達しているものの、役員報酬が高くて年金支給が停止されている事業主様、役員様に非常に好評で

 『こんな方法があったのなんて…、以前の社労士の先生はこんな方法は言ってくれなかった…。』

              という喜びの声を多くいただいております。

 

 

  当事務所では、顧問形態も御社のご要望に合わせたバリエーションをご用意しております。

                    

         当事務所の顧問サービスの詳細はこちらの記事から  

 

 

 

  顧問サービスの詳細なお問い合わせ、お見積り依頼はこちらから

                    (以下のバナーをクリック下さい。)

            

     

 

 

 

 

プロローグ“就業規則マジック”

就業規則マジック!!

     −専門家の本気の知恵は魔法の杖

 

“言いたいことはよく分かりましたわ。でもね、先生。うちらみたいな中小零細企業が、律儀に1から100まで法律を守ってたら、人件費だけで利益分が全部ふっ飛んでしまいますわ。そないになったら、赤字経営が目に見えてますから、人員整理も考えんといけませんし、最悪倒産を待つしかない状況に追い込まれることが目に見えてます。法律を守ることによって結果的に従業員を路頭に迷わすことになるんとちがいますか??

私がある会社から賃金コンサルの依頼を受け、時間外手当の基準賃金の法律上の説明を行っていたときに、その会社の社長さんが私に対して、吐き捨てるようにおっしゃられた言葉が上記のものでした。

法定労働時間を超える時間外労働(法定外残業)の時間単価は法律上は、労働の対価とは言えない一部の手当を除いたもの以外は全ての手当を算定の基礎としなければなりません。しかしながら、その会社では基本給部分しか算定の基礎にしていなかったのです。

また、その会社では、小規模企業ながら社員への待遇を手厚くさせるがために、基本給以外でも色々な手当が支給されていたことが災いし、結局法定通りに時間外労働分を計算すれば、社員が20時間残業した場合に発生する超過の人件費は一人頭数万円を超えてしまう計算となってしまったのです。

私には、上記の社長さんのコメントが重く心に圧し掛かりました。社会保険労務士として、お客様に法律を遵守していただくことは非常に大事です。しかしその結果、会社側、従業員側双方にとって不幸が待ち受けている可能性があるとしたら‥。

 しかし、私は現行の就業規則、賃金規定を詳細に渡りチェックし、労働基準法や社会保険関連の法律の知識をフル稼働し、汗をかきながら知恵を振り絞り、色々なシュミレーションや吟味を積み重ね、結果的に現状の人件費に追加がない形で、しかも法令に抵触しないような方法での新たな賃金制度を導入しました。

もちろん、従業員さん達のモチベーションを下げないように、新たに導入する賃金制度が、決して従業員さんたちにマイナスや不利益に作用することがないんだという、理解を得るために、何度も足を運び誠実に説明や話し合いも重ねました。

その結果、新制度を導入して約1年を経過するこの会社では、従業員さんのモチベーションが下がることはなく、この不況下の中でも前年度よりも着実に売り上げを伸ばしておられます。

なぜこのようなことが可能だったのでしょうか?

経験豊富な専門家の本気で振り絞った知恵は時としてこのような効果(魔法??)を生み出します。

当事務所の強みは様々な状況での労務相談を受け、その中で培った、対処法に関しての圧倒的な引き出しの数の多さです。

その対処法に関してはこのホームページでも一部に関しては公開しておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

労働法のスペシャリストが奏でる労働法務マジックの世界にようこそ。

(上記のエピソードに関しては、お客様からの許可を取って掲載しております。)

 

圧倒的な数の労働相談の件数で培われたノウハウに基づく労務コンサルティング

大阪の社会保険労務士の児島と申します。

私のプロフィールはこちらからどうぞ。 

私は業務上で年間で約1500件述べ件数にして今まで6000件以上の労働相談を受けてまいりました。

労働者側、事業主側(人事担当者も含む)の双方の相談を聴いていて常に思うのは、労使間トラブルには何通りかのパターンが存在します。このようにパターンが分類できる以上、そのパターンごとの原因を突き止め、トラブルにならない内にきちんとした予防策を講じることが可能であるということなのです。

今は、インターネット等の普及によって、労働基準法等の労働者を保護する法律が広く知られるようになってきており、労働者の権利主張が激しくなってきております。中には従業員としての義務を果たすこともなく、権利主張を繰り返す労働者も存在します。もっとひどいケースでは、いわゆる“解雇予告手当”を得る目的で会社に入る、“タカリ”のような連中も中にはいるのです。

 世に存在する労働法令は労働基準法を含めて労働者保護の立場をとっています。事業主さんにしてみれば、このような逆風の中でどのように会社を守っていく方法を考えていけばよいのでしょうか?

 当事務所には圧倒的な労働相談件数で培われた、ノウハウ、アイディア、知恵があります。労務管理でお悩みの際は是非一度当事務所にお声をお掛け下さいませ。

 

 

 

小冊子(無料レポート)の配布を開始しました。

101222_1022_01.jpg110111_0836_02.jpg 

当ページをご訪問いただいた、京阪神地区、関西地区の経営者、事業主、人事責任者の皆様に小冊子“会社を元気にする助成金”もしくは“社会保険料適正化(削減)の10の知恵”のどちらか一冊を無料で差し上げます。

 詳しくはこちらの資料請求のページをご覧下さい。

 *原則、現状社労士の先生に顧問の依頼をされていない、企業さん、事業主さんに限定させていただきます。(例外あり。詳しくは資料請求ページへ)

 *同業者の方からのご請求にはご対応いたしかねますので予めご了承下さい。

 

 

 

早朝打ち合わせサービスを開始しました。(完全予約制)

ご多忙な社長様、経営者様、クリニックの院長先生の皆様へ

  朝の8時から打ち合わせしませんか?

 労務管理や従業員の規律なんかの必要性はわかっていても、日々の業務に黙殺され、何も対策が出来なくなってしまっている。また、誤った方法で従業員さんたちのモチベーションのベクトルの向きを誤った方向に向かせてしまったり、知らず知らずのうちに法令に抵触するような労務管理の仕方を採ってしまっている‥

 

 こういったことはよくありがちで、とくに経営者様がプレイイングマネージャーとして実際の業務を最前線で行っている場合はなおさら、このようなことが起こりやすくなってしまいます。

 なぜなら、多忙すぎてそこまで手が回らないからです。

 

 だったら、餅は餅屋!!ということで私達社労士がお力になれるのですが‥

 といって社労士にお願いしたいと思っても、“忙し過ぎて、打ち合わせに取っている時間すらない!!”

 そういったお声も結構頂いたりします。

 そういった経営者の皆様、業務の始業開始前の約1時間、クリニック様なら診察開始前の約30−40分程度、お時間を取って御打ち合わせしませんか?

 

 効率がよく、生産性の高い朝の早い時間帯なら、きっと密度の高い打ち合わせができると思います。

 当事務所では朝8時スタートの訪問リクエストに対しても対応が可能です。

 

 **ただし、移動時間の関係で大阪市内またはその近隣の市区町村の事業者様に限定させていただきます。

 

 サービスのお問い合わせや訪問日程の打診はこちらのページから

 お問い合わせのページへ 

 

 

就業規則無料診断実施中(期間限定)

労使間トラブルを未然に防ぐために…“息吹の吹き込まれた就業規則”への改善を!!

御社の就業規則は大丈夫ですか?

私は職業柄、企業さんの就業規則を拝見させて頂く事が多いのですが、その際に感じることが、インターネットや書籍などの就業規則の雛形を丸写しにした就業規則で労務を管理している企業さんが非常に多いように思います。

 このような“経営者の息吹の吹き込まれていない就業規則”には、企業理念等の経営者の考え方を従業員にきちんと周知することができないため、従業員全員が同じ向きのベクトルで同調できないというデメリットだけではなく、さらには様々な労務管理上の危険が垣間見られ、結果として従業員との無用なトラブルや損失を未然に防ぐことができない、いわゆる“リスク管理”が不十分なわけです。

 何かが起こってからでは遅い!!いざ労使紛争が起こってしまうと、解決のための時間的損出、金銭的損出、精神的な負担はすごく重くのしかかります。

“息吹の吹き込まれた就業規則”への改定はこのような労使紛争を予防するだけではなく、結果として様々な効果をもたらします。

例)人件費の削減(変形労働時間制の導入、有給の計画付与等)、従業員のモチベーションのアップ、離職率の低下、定着率のアップなど。

 当事務所では現在、ホームページ開設記念として、期間限定で就業規則の無料診断を行わせていただいております。通常は有料のサービス(定価¥52,500)になりますのでこの機会に是非ご利用下さい。

無料診断のお申し込みはこちらから

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施しておりますが、全ての個別事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
著作権に関すること
当サイト等に掲載されている文章を含んだコンテンツの著作権は当事務所の所有となります。当サイト等の全部または一部を、権利者である当事務所の許可なく無断で複写・転載・転記する等の行為は法律に抵触し処罰の対象になります。特に書き込みサイト、BBSサイトへの無断転載、無断転記に関しては刑事告訴も視野に入れ、断固とした法的措置を検討致します。