個人情報保護対策キットのご紹介

社長様、経営者の皆様へ

御社は大丈夫?

 

従業員のちょっとした不注意や退職した元従業員の不始末で人的リスク拡大の危機!!

個人情報保護対策!!〜経営者として会社を守れますか?

 

 

平成17年4月1日に、“個人情報の保護に関する法”が施行され、法人等の事業主に以下のような義務が課されました。

 ・個人情報の安全管理義務

 ・個人情報の第三者に関する情報提供の禁止

 

しかしながら、マスコミ等で報道されている通り、従業員のちょっとした不注意や、退職した元従業員が原因での顧客の個人情報漏洩によって、会社が謝罪や金銭的賠償を被る事案が絶えません。

 

 例)・大手エステ会社で個人情報が漏洩⇒被害者一人当たりに3万円の損害賠償

   ・ブロードバンド会社から450万件の個人情報を持ち出し、会社を脅迫⇒顧客1人当たりに500円のお詫び金を送付

   ・大手通販会社で個人情報が外部に漏洩⇒営業活動1ヶ月停止で売り上げ150億円のドロップ

   ・大手電話会社顧客情報がWinnyで流出

                                                        などなど

 

  一旦、こういったことが起こってしまうと、会社側は賠償等の金銭的な損出を被るだけでは済まず、顧客からの信用や社会的な信用をも失墜させ、会社のブランド力まで低下させてしまう結果となってしまいます。

 

 しかしながら、大半の事業主様は個人情報漏洩対策や管理の必要性を感じていながら、どのように対処したらよいのかわからないというのが、正直なところだと思います。

 

 我が国では、個人情報保護に一定の体制を整備している事業主を認定するPマーク制度(プライバシーマーク制度)という制度がありますが、その認定基準を経て、Pマークを取得するのに約300万円以上コストがかかるとも言われています。

 

 これだけコストがかかるとなると、2の足を踏む企業さんも多くでてくるのではないでしょうか?

 

 そこで当事務所で提案しているのは、

  個人情報保護キット経営戦略型就業規則

                  での労務管理の徹底です。

 

  経営戦略型就業規則については、こちらに紹介のページがありますので、参照下さい。

  *延べ8000件以上の労働相談を受けてきた、当事務所が誇る、事業主主体の会社を守り、かつ従業員のモチベーションを高める就業規則です。

 

 個人情報保護キットとは?

  ・業務情報安全管理規定

   (個人情報、機密情報を管理するための社内の取り決め)

  ・入退社時における誓約書

  ・診断ツール

         等、防衛ツールが満載の内容になっております。

   これにより、個人情報漏洩対策だけではなく、会社の主力製品の製造工程やテクノロジー、技術情報など、会社の存亡に関わるような門外不出の機密情報の外部への漏洩も防ぐことが可能になります。

 

 価格:(表示は税別価格です。)

   経営戦略型就業規則(廉価版)個人情報保護キット

         セットで260,000円より   にて提供いたします。

 

  もちろん、経営戦略型就業規則もしくは個人情報保護キットの単体での購入も可能です。

 

  *上記価格に関しては企業規模が従業員数200人未満の中小規模企業様向けの価格設定です。

   企業様ごとのお見積もりについては当事務所にお問い合わせ下さい。

 

 

  *当事務所の就業規則作成料金についてよく頂くご質問を以下のQ&Aに記載しています。

                    

  よくあるご質問“就業規則作成サービスの料金について”の記事はこちらから

  

  

  お問い合わせ、お見積もり依頼はこちらから(以下のバナーをクリック下さい。)

           

 

  

 

 個人情報保護キット付きの就業規則の導入を当事務所にて作成させていただいたお客様の声を以下のリンクに掲載しております。

 

 お客様の声

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト等に掲載されているコンテンツの著作権は当事務所の所有となります。当サイト等の全部または一部を、権利者である当事務所の許可なく無断で複写・転載・転記する等の行為はお止めください。