時間外労働の上限規制ー2019(平成31)年度改正労働基準法

時間外労働の上限規制について(改正労働基準法)

 今回の“働き方改革法案”の中で、企業の労務管理において最もインパクトを与える部分は改正労働基準法における、“時間外労働の上限の設置”ではないかと思われます。

 この“時間外労働の上限規制”について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 対象部署の月間平均残業時間を20時間削減!!年間の残業手当額を約900万円圧縮し、財務状況を改善!!経営管理学のメソッドを使った残業時間削減手法をただいま公開中

          

 

 

 

まずは以下の対比表をご覧下さい。

時間外労働の上限規制ー法改正の前後の比較表 

                         (朱字=改正部分)   

  法改正前 法改正後
規制の根拠 労働省告示 法律(労働基準法)
罰則の適用

*6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

時間外労働時間の上限(原則) 1ヶ月45時間、年間360時間(1年変形運用時は1ヶ月42時間、年間320時間) 1ヶ月45時間、年間360時間(1年変形運用時は1ヶ月42時間、年間320時間)
特別条項締結時(例外時)の時間外労働の上限 原則:上限なし=青天井

単月:100時間未満(休日労働含む)

年間:720時間

複数月平均:80時間(休日労働含む)

 

適用除外者

・建設の事業

・自動車運転の業務

・新商品、新技術の研究開発業務

          等

 新商品、新技術の研究開発業務のみ

*建設の事業、医師等については改正法施行後5年間の猶予後適用

*自動車運転業務については改正法施行後5年間の猶予後適用(ただし年間上限時間について960時間とする)

 

       *施行時期は2019年(平成31年)4月1日

       *中小企業について2020年(平成32年)4月1日

       *実務上の運用は各企業の36協定の失効時期によって判断

 

労務管理上の留意点

1.告示⇒法律に規制対象が変わる意味について

この時間外労働時間の上限規制についての一番の留意点は、法律で罰則を伴った規制を行うという“絶対的規制”に変わるということです。

 単月100時間未満、年間720時間等の時間規制のみに目が行きがちですが、このことも着目しなければなりません。

今までは、告示上の限度時間、つまり、1ヶ月45時間、年間360時間を越える36協定の締結は告示違反ではあるが、法違反ではないため、労基署はその36協定を受理せざるを得ませんでした。今までは残業時間の再検討を事業場側に促すスタンプを押印する指導しかできませんでしたが、改正後は罰則の適用を念頭に入れた指導ができるようになります。

  極端な話ですが、例えば、法改正後に特別条項なしに月間50時間、年間500時間の時間外労働に労使合意した36協定が存在しているとします。しかしながら、この36協定は(告示ではなく)法律に抵触しているので、法律に抵触する協定部分については、法律まで引き下げられる、つまり、月間45時間、年間360時間まで引き下げられた協定時間とみなされ、月間45時間を超える残業を従業員にさせた時点で、事業主が処罰の対象になりうる…。という解釈も理論上は成り立つ可能性があります。

 

 

2.時間外労働の上限規制の対象が休日労働を含む時間となること

 通称36(サブロク)協定とは、時間外労働、休日労働日数の制限についての協定です。従来は時間外労働時間と法定休日労働日数は別のカウントとされていました。(法定休日以外の所定休日の扱いについては明確には定められておらず、時間外に含めるか休日労働に含めるかは各事業所ごとの裁量とされていました。)

 今回の改正では、単月及び年間の時間外労働の上限総枠の中に休日労働時間も含むということになっています。改正後の休日労働日数の制限についてはどのように規制を設けるのかは今後の情報を待たなければなりませんが、36協定の協定方法がおそらく抜本的に変わってくるのではないかと思っています。

 企業の労務管理の面につきましては、従業員の労働時間の把握方法を見直さなければならない可能性も出てくるのではないでしょうか。

 後日追記)

 休日労働込みの時間外労働の上限総枠の管理は、協定届の様式に“チェックボックス”を置くことで行うことになった模様。

    

 

 

3.定額残業代制度への影響 

 現状“定額残業代”を導入している企業さんは注意が必要です。特に残業代の高騰を防ぐためだけに、極端な長時間分の定額残業手当を定めているような事業所は、限度時間の上限や36協定との整合性を確認し、法改正以後の対策を立てておくべきでしょう。

 

4.法改正に向けた対応として 

 ここ数年、過重労働が原因となった不幸な出来事が続いたこともあり、国が時間外労働の上限時間に絶対的な規制を設けるということが確定的になりました。施行時期も2019年(平成31年)4月から(*中小企業は1年間猶予)となり、時間的猶予もなくなってきております。

 昭和の企業戦士が如く、“徹夜も辞さずモーレツに長時間働くことが美徳”という考え方から“生産性を高め効率よく業務をこなし早く帰るのが美徳”という考え方へマインドそのものを切り替えていかなければならない時期に来ています。

しかしながら

 業務の効率化、生産性の向上等の対策を立てたいがどうしたらよいかわからない…。

 組織全体が長時間労働の負のスパイラルからなかなか抜け出せない…。

    そのような事でお悩みの経営者の方は多いのではないでしょうか?

    当事務所ではそういったお悩みを解決できる効果的な方法がご提供できます。

 

 1つの方法としては、経営管理学の手法を用いて、成果や生産高を維持しながら労働時間の短縮を実現するスキームがご提案できます。

        

 

 また、従業員一人一人の行動の質を高め、“デキる社員”を増やすことで組織全体の生産性向上の図る手法もご提案できます。

        

 

        

 今回の“時間外労働の上限規制”の施行に際し、36協定や労働時間の管理方法等の労務管理法が抜本的に変わります。とは言っても“何としたらいいのかがわからない”“残業を減らす方法がわからない”という経営者の方も多いのではないでしょうか?当事務所では初回訪問無料で、法改正の概要や対策のご説明にお伺いさせていただいております。(遠方の事業所様は交通費応相談)

 お問い合わせフォームよりご予約下さい。

            

 

 

 

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。