外国人雇用と在留資格制度およびその手続き

入管法に定められた在留資格制度の手続きについて

 

 企業が外国人雇用を行う際に際して、1つのバリアとなりえるのが、“出入国管理および難民認定法”(世間一般で『入管法』と呼ばれるものですが)です。これは日本における在留資格に関することを詳細に規定しております。

 こういった“在留資格制度”において、日本国内での地位やどのような活動を行うことができるのか、就労が可能なのであれば、どのような就労が認められるか等を明確に規定されているわけです。また、この資格に該当されない人物の入国を拒否したり、ビザの発給を停止したりすることが、入管法上は可能となるわけです。こうして、入管法に則った形で、日本への出入国の管理が当局においてされております。

日本国内での在留資格に関しては、以下の3つに大きく分かれます。

 

(1)特定の就労活動が認められる在留資格(17種類)

 外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、投資、経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、特定活動

(2)原則就労ができない在留資格(6種類)

 文化活動、短期滞在、留学、就学、研修、家族滞在

  *上記の在留資格であっても、例外的に就労できるケースもあります。

(3)就労に制限がない(国内でどのような仕事についても原則OK)在留資格(4種類)

 永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者、定住者

 

 ・高度専門労働者と単純作業労働者

外国人労働者を区分すると、“高度専門労働者”“単純作業労働者” の2つに分けられますが、前者は(1)の専門のスキルを持ち、そのスキルで仕事をするために在留資格をえたもの。後者は(3)の在留資格で仕事をするものというケースが多いようです。

もちろん、(3)の在留資格であっても“高度専門労働者”として本邦で働かれている方はおられますが、あくまで一般論としてです。

 

また、外国人労働者に対する日本政府の受け入れの考え方としては、高度専門労働者に対しては積極的な反面、単純作業労働者に関しては消極的で慎重な対応をしています。

 

国際競争力の上昇や優秀な人材の確保、国際競争力の強化等のメリットの一方で、日本人の雇用機会の減少や外国人犯罪増加や不法滞在の懸念等のデメリットもあり、そのようなバランスでの対応をとらざるを得ないのかもしれません。

 

・外国人労働者を招聘する際の手順について

 次に外国人労働者を招聘する際の手順について述べていきます。

  

 @外国人労働者本人が旅券(パスポート)を取得

  *外国人が日本に入国するためには、有効な旅券(パスポート)が必要です。これを持たずに日本国内に入国すると不法入国となります。

 A本人又はその代理人(招聘先企業等)が地方入国管理局に在留資格認定証明書の交付申請

 B地方入国管理局における在留資格認定証明書の審査

  *上記でも説明している通り、この在留資格証明書は日本に上陸しようとする外国人、又は招聘先企業等の代理人があらかじめ、地方入国管理局に申請があった場合、この外国人の申請している活動内容が在留資格に定める活動に該当し、かつ、基準に適合しているかを事前に審査し、審査適合と認められた場合に発行される証明書です。

 C許可されると在留資格認定証明書交付

 D外国にいる本人に在留資格認定証明書を送付

 E本人が日本の在外公館(現地の日本大使館等)へ査証の申請

  *@で取得した旅券を持っているだけではまだ不充分です。これに加え“この者は正当な理由と資格があってこの国に入国するものである。”という受入国(=日本)による裏書証明が必要です。この裏書証明を査証(ビザ)といいます。

  *このときにCで取得、Dで現地にいる本人に送付した、在留資格認定証明書を提出することにより査証の発行が円滑に行われます。

 

 F在外公館(現地の日本大使館等)で査証手続き及び発給

 G出入国港において上陸審査(在留資格、在留期間の決定)

 H日本国内に在留中に在留期間更新、在留資格変更、資格外活動許可等がある場合は地方入国管理局で必要な手続きを取る。

 I90日を越えて在留する場合は市区町村において外国人登録手続が必要 

 

 *ABCDHIが国内における手続き

 *@EFが海外(その労働者の地元)での手続

 *Gが国内及び海外双方での手続

 

 

当事務所では外国人雇用に関してのご相談も対応させていただいております。また、当事務所は行政書士事務所も併設しておりますので、幅広くお問い合わせの門戸を開いております

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

この記事は私が書きました

児島労務・法務事務所 代表 児島登志郎
 社会保険労務士・行政書士
 組織心理士・経営心理士(一般財団法人 日本経営心理士協会 認定)

 元大阪労働局 総合労働相談員
 元労働基準監督署 協定届・就業規則点検指導員


 社会保険労務士として開業する傍ら、大阪府下の労働基準監督署にて総合労働相談員、就業規則・協定届点検指導員を計10年間勤める。
その間に受けた労使双方からの相談数は延べ15,000件以上、点検・指導した就業規則、労使協定届の延べ総数は10,000件以上に及ぶ。
圧倒的な数量の相談から培った経験・知識に基づいた労使紛争の予防策の構築や、社員のモチベーションを高める社内制度の構築を得意分野としている。

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、サイト運営者の私見に基づく記述も含まれるため、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、閲覧者の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。