パートタイマー(短時間労働者)への保険適用の拡大

平成28年10月より法改正にて保険加入者の範囲が短時間労働者へも拡大されます。

現行のシステムでは、社会保険に加入させなければならないパートタイマーの条件は、週の所定労働時間がその事業所の正社員のおおむね4分の3以上の者とされています。これが法改正により、平成28年10月より、週の所定労働時間が20時間以上の者にまで適用されることとなりました。

この法改正の背景としては、非正規労働者のセーフティーネットの確立、社会保険における格差の是正等が挙げられるでしょう。

 

 短時間労働者の各保険の適用について以下の表をご確認下さい。

 

  

  週30時間以上の雇用 週20時間以上の雇用 週20時間未満の雇用
厚生年金保険    〇       
健康保険    〇          
雇用保険    〇     〇  
労災保険    〇     〇     〇

             *    平成28年10月より適用となります

             *  正社員の週所定労働時間は40時間と仮定しています。

 

 この新規で社会保険の適用になる短時間労働者の要件ですが、

  1.週所定労働時間が20時間以上

  2.年収が106万円以上

  3.月収が88,000円以上 

  4.雇用期間が1年以上

  5.企業規模が従業員501名以上(*平成31年9月30日までの時限措置)

   

   ということになっており、これに該当する短時間労働者は日本国内で25万人いると言われています。

  つまり、平成28年10月より新たに25万人の人が社会保険の適用となるわけです。

  *5.の要件に関して、従業員数が500名以下の中小企業については、改正法施行後3年間はこの措置が猶予されます。

 

  この社会保険の適用範囲の拡大で一体どれくらいの影響が企業に出てくるのでしょうか?

 

 新制度導入前の短時間労働者の保険料率           

厚生年金保険料率 0%
健康保険、介護保険料率 0%

 

新制度導入後の短時間労働者の保険料率

厚生年金保険料率 18,3%
健康保険、介護保険料率 12%

 

 ということで一気に30%超の負担増(事業主負担15%超の負担増)になるということがお解りいただけると思います。

 

果たしてこの法律の改正の金額的なインパクトはどれくらいになるのでしょうか?

以下の1例を挙げておきます。

 

 例)製造業でライン作業の大部分をパートタイム労働者に依存しているケース

   年収120万円のパートタイム労働者が100人いる場合

         会社負担の保険料    年間2000万円の増額

         個人負担の保険料    一人当たり20万円

 

 パートタイム労働者50人で年間1,000万円の負担増、100人以上雇用していると、2,000万円以上の負担増となってしまうわけです。

 

 いかがでしょうか?非正規従業員のセーフティネットの確保としっても、企業にとってはかなり痛い法改正になってしまいます。

 

 

         

   

 

 

 

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施しておりますが、全ての個別事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト等に掲載されているコンテンツの著作権は当事務所の所有となります。当サイト等の全部または一部を、権利者である当事務所の許可なく無断で複写・転載・転記する等の行為はお止めください。