労務監査のご案内Bー人事労務DDや後継者問題への切り口

労務監査サービスのスキームを使った“労務デューデリジェンス”

        ーM&Aの際に安心の売買ができるように!!

 

後継者問題とM&A)

 経産省が発表したところによると、2025年までに引退年齢(70歳)を迎える中小企業の経営者は245万人、そのうち、後継者がいない企業は127社となっており、半数以上の中小企業は後継者問題で廃業のリスクを抱えています。

 その一方で後継者のリスクを抱える中小企業の中であっても、独自の技術やノウハウを持つ“オンリーワン企業”も少なくなく、廃業リスクのある企業の約3割は同業他社に比べて良好な業績を残しているというデータもあり、こういったオンリーワン企業の後継者問題対策、独自のノウハウを後世に残す一つの解決策として、M&A(企業売買)が昨今注目を浴びつつあります。

 今後団塊世代の経営者が引退年齢を迎える時期が近づくにつれ、M&Aによる切り口で後継者問題を解決する方法が主流となって来るのではないでしょうか。

 

デューデリジェンスとは…)

 企業の売買(M&A)の際に、売り手側企業の顕在する、あるいは潜在的な法的リスクを買取前に税務、法務、労務の3つの観点から調査する作業のことを言います。デューデリあるいはDDという略称を用いることもあります。

 昨今は買収前は表面化しなかった賃金未払い残業や社会保険未適用等の隠れ債務の問題が企業買取後に発生する例も散見され、デューデリジェンス業務の中でも特に“労務分野”がより重要視される傾向となっております。

 労務分野の法的リスクの調査はまさに当事務所の“労務監査サービス”のスキームを使うことにより、非常に精度が高く、買収後のリスク回避策の提案を伴った労務デューデリのサービスを提供いたします。

 

社労士に労務デューデリジェンスを任せるメリット)

 M&Aの際の“労務DD”はこれまでは“法務DD”と抱き合わせで弁護士の先生に依頼することが多かったと思われますが、最近では“労務DD”を独立させ、社労士に依頼するケースも増えています。

 その理由として

 1)一言で“労務”といっても、その範囲は安全衛生や労働・社会保険適用の分野や帳簿類の作成、保存にまで多岐に渡る。そうなると“ゼネラリスト”である弁護士の先生方より、労務の分野では“スペシャリスト”である社労士の方かよりピンポイントで深堀した調査ができるため、買収後の予期せぬ労務トラブルの予防が可能。

 2)買い手企業、売り手企業双方の従業員の労働条件(賃金、評価制度、退職金等)に格差が生じる場合は、社労士が持つコンサルティング手法(人事制度、退職金制度設計等)を用いて、買収後の混乱防止策もサポートできる。

  というメリットが挙げられます。

 

 買取後のトラブル予防や混乱防止策もご提案できる、“労務監査サービス”のスキームを使った社労士が行う労務DDも一考の価値ありです!!

 

 

売り手側企業にもメリットがある労務監査 

 将来的に会社の売却を検討さぜるを得ない経営者の皆様

  トラブルの根源を事前にきれいに掃除することでマッチングと売値に好影響!!

 昨今は後継者問題、人手不足問題等で会社の売却を考える経営者の方も多いことかと思います。また、その一方で社員からの賃金未払い残業代の請求等の労使間のトラブルは社会現象として定着してきたと言っても過言ではないほどのブームとなっております。

 M&Aが円滑に行われるためには、買い手企業と売り手企業のマッチングが重要であることは疑いのないことではありますが、顕在的あるいは潜在的に労務トラブルのリスクが存在する企業さんであれば、いくら業績好調を維持していたとしても、なかなか買い手候補の企業も二の足を踏むのではないでしょうか?

 よしんば、マッチングがうまくいったとしても、売却価格が当初予想していたほど高値がつかないケースも考えられるでしょう。

 買い手企業も昨今のマスコミ報道などから、未払い残業代や過重労働等の買取後の労務トラブルのリスクに対しては慎重にならざるを得ない状況となっています。

 当事務所では、そういった会社の売却を考える企業さんにも、労務監査サービスでトラブルの元をきれいにするお手伝いをさせて頂いてあります。

 当事務所が行う労務監査サービスは労基署や年金事務所が立ち入り調査時に調査される項目を中心に徹底的にヒアリングを行い、リスク診断結果や監査レポート等の報告書を成果物として提供いたします。

 もし、レポートに問題が散見されるケースであっても、M&Aのマッチングの際に悪い影響が出ないように、今後どのように労務環境を改善していけばよいのかというアドバイスもさせて頂きます。

 

 M&Aの際には

  買い手側企業様にはより精度の高い労務デューデリジェンスのご提供!!

  売り手側企業様にはマッチングや売買においてより有利な条件の実現のため!!

 

  当事務所の労務監査サービスを是非ご利用下さい。

           

 

  当事務所の労務監査サービスの全体的な流れはこちらの記事からご確認下さい。

           

       労務監査サービスーその手順

 

       

 

 

  

 

  

 

 

 

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。