助成金を活用して低コストで就業規則導入・改訂しませんか?

就業規則の導入・改訂を検討中の事業主様に朗報です!!

今なら、国の助成金を活用して就業規則を導入・変更できる可能性がございます!!

 

職場意識改善助成金(勤務間インターバルコース)を利用すると、就業規則の導入費用の4分の3が国からの助成されます。

 

**勤務間インターバルとは…

  ・通常の勤務体制であれば、前日の勤務終了時刻(残業も含む)から当日の勤務の開始時刻までに少なくとも9時間以上の休息時間(インターバル)を空けて、次の勤務に備えるような勤務体制を整備すること

  ・3交代等の不規則な勤務制度を導入している、病院や工場等では前の勤務終了時刻(残業含む)から次の勤務開始時刻まで少なくとも9時間以上の休息時間(インターバル)を空けて、次の勤務に備えるような勤務体制を整備すること

 

 上記でもわかる通り、不規則なシフト勤務を導入している企業、事業所だけが助成の対象ではなく、通常の9時ー5時の勤務体制を敷いている、サービス業や卸売業等も助成の対象になってきます。

 

 職場意識改善助成金(勤務インターバルコース)の詳しいご説明は以下のバナーをクリック下さい。

      

 

 この助成金をうまく活用できれば…

 当事務所の就業規則の作成サポートに伴う、自己負担金をかなり節約できます。

 

例)当事務所の経営戦略型就業規則ーフルスペック版を導入するケース

       (300名未満の企業さんの場合)

 導入費用の300,000円(税別)のうち、4分の3225,000円が助成金の対象となり、自己負担額が75,000円で導入できる可能性もございます。

  

 当事務所では、助成金獲得と就業規則導入を抱き合わせでサポートさせていただくプランもございますので、自己負担金を低く抑えて就業規則を導入したい経営者の皆様は一度当事務所にご相談下さい。

       

 

 

 

 

 

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。