なぜ職場のメンタルヘルス対策が必要なのか?

社会全体におけるメンタルへルス不全者の増加

 

 昨今、うつ病やメンタルヘルスの不調という言葉をよく耳にします。また、仕事上での過重労働や職場でのいじめ、嫌がらせに起因して発病したとして、メンタルヘルス不全を労災申請するケースが増えており、また、場合によってはこういった労災が認定されるケースも増えております。

 また、仕事以外でも色んなストレスがある現代社会において、社会全体においてメンタル不全を訴える者が増えており、職場環境が原因ではなくても、メンタルヘルス不全となった従業員と会社がどう向き合っていくかということも、企業側が早急に対処する必要がある課題でしょう。

特に小規模の中小企業では、ファミリー的な雰囲気が災いして、社内ルールが不明確であるために、いざ、このようなメンタル不全者が発生してから対応に苦慮するケースが増えてきました。一定の期間の欠勤後(または休職後)に発症前に就業していた業務につけるのか?その判断はだれがするのか?ということが不明瞭なまま、解雇してしまい、その後トラブルになったケースも見受けられます。

 

職場でのメンタルヘルスの取扱いの問題点として

 @発症に至るまでの経緯、症状、回復までの過程が人それぞれケースバイケースで1つのパターンの対策を用意しているだけでは不十分である点。

 A重度の場合は療養期間が長期にわたることがありうる点

 B長期療養したからといって、必ずしも発症前の状態まで回復する保証がない点。

 という特徴があり、通常のケガや病気とは一線を引いて考えなければならない部分も出てきます。

 

 また、従業員一人一人の仕事上の依存度が高い、中小企業であれば、従業員の一人がメンタルヘルス不全を発症し、長期休職となってしまった場合は、他の従業員で休職従業員のカバーをしなければならないため、マンパワー的にかなりの負荷が圧し掛かってくるばずです。 

 上記のようなケースで、休職の取得回数や取得期間に関するルールが設けられていなければ、同一の病状で休職を何度も請求するような、従業員も出てくるわけで、そうなってくると、不在をカバーしているほかの従業員達の士気にも影響してくるということになりかねません。

 

 また、長期療養するメンタル不全者にとっても、療養中の自分の処遇が不明確であれば、安心して療養に専念できる環境とは決して言えないでしょう。休職して療養に専念できる期間的な猶予はどれくらいあるのか?その間の給与はどうなるのか?復職の際に会社は何かサポートをしてくれるのか?こういった社内ルールがあるだけで安心感を得て、療養に専念できるという効果が期待できるわけです。

 

 こういった事情により、一定規模以上の企業はもちろんのこと、中小零細企業でも、メンタルヘルス関連の規定の整備は不可欠な状況だということがお解りいただけると思います。

 

 当事務所ではハラスメント規定も含んだ、メンタルヘルス規定の整備に関してお力にならせて頂いております。 お問い合わせ、ご相談はこちらから(以下のバナーをクリック下さい。)

          

 

 

 事前に従業員や従業員候補(求人応募者)の潜在的なうつ傾向がわかれば、事前対策や水際での予防が可能になります。当事務所が提供する適性検査ツール“TA PACK SYSTEMS”は検査対象者の潜在的なメンタルヘルス不調まで的確に検査結果に兆候として示すことが可能です。

                    

    信頼性の高い適正検査ツール“TA PACK SYSTEMS”の紹介記事はことら

                

 

この記事は私が書きました

児島労務・法務事務所 代表 児島登志郎
 社会保険労務士・行政書士
 組織心理士・経営心理士(一般財団法人 日本経営心理士協会 認定)

 元大阪労働局 総合労働相談員
 元労働基準監督署 協定届・就業規則点検指導員


 社会保険労務士として開業する傍ら、大阪府下の労働基準監督署にて総合労働相談員、就業規則・協定届点検指導員を計10年間勤める。
その間に受けた労使双方からの相談数は延べ15,000件以上、点検・指導した就業規則、労使協定届の延べ総数は10,000件以上に及ぶ。
圧倒的な数量の相談から培った経験・知識に基づいた労使紛争の予防策の構築や、社員のモチベーションを高める社内制度の構築を得意分野としている。

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施すべく尽力しておりますが、サイト運営者の私見に基づく記述も含まれるため、全ての事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。また、法改正や制度変更の際は記事の更新が遅れることがあります。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、閲覧者の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト掲載コンテンツの全部または一部の無断複写・転載・転記を禁じます。