“休日”を“休暇”に替えて残業のベースを下げる

サービス残業対策の一つに“休暇”“休日”に替えるという方法があります。

これは既に、有給休暇の計画的付与のところでご説明しましたが、法律上の休日と休暇の定義が違うということで、“休日”を“休暇”に変更してやれば、残業代のベース、つまり、1時間当たりの単価が下げることができるという方法です。

こちらのページに詳細を記載しておりますので、ご覧下さい。

また、この方法を導入するには、労働者代表との書面での協定書と就業規則の変更が法的に必要になってきます。導入をご検討する際には、是非一度お声をお掛け下さい。

サービスのお問い合わせはこちらから

免責事項
当ホームページは情報の掲載に関しては、万全を施しておりますが、全ての個別事案に対しての絶対の保証をしているわけではございません。当ホームページ掲載の情報の取扱いに関しては、個人の責任においてお扱いいただきますようにお願いいたします。当ホームページ掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしても、児島労務・法務事務所ではその責任を負いかねます旨予めご了解下さい。
Copy Right:児島労務・法務事務所 2008
当サイト等に掲載されているコンテンツの著作権は当事務所の所有となります。当サイト等の全部または一部を、権利者である当事務所の許可なく無断で複写・転載・転記する等の行為はお止めください。